光触媒塗装
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • 時期と知識
  • 価格について
  • 4つの特殊塗装
  • 施工事例
  • リフォーム事例
  • お問合せ

光触媒塗装

ハイドロテクトカラーコート 防汚〜自然の力で、キレイになる〜

チリ、ホコリ、排気ガス、工場排煙…。住まいを取り巻く汚れの要因はさまざま。
ハイドロテクトカラーコートなら、太陽光が汚れを分解し、雨で洗い流すセルフクリーニング効果で、いつまでもキレイな外観を保ちます。

セルフクリーニングのメカニズムセルフクリーニングのメカニズム空気浄化〜光で、空気を洗う〜

車の排気ガスなどから発生する窒素酸化物(Nox)や硫黄酸化物(SOx)。
酸性雨や光化学スモッグの原因ともなるこれらの大気汚染物質をハイドロテクトの分解力で浄化。塗るだけで建物周辺の空気までキレイにします。

光触媒作用で大気中の汚染部室(NOx、SOx)を分解。

人体に影響を及ぼす大気中の汚染物質を、活性酸素で分解し浄化します。

光触媒作用で大気中の汚染部室(NOx、SOx)を分解。 1000平方メートルでポプラ95本分の空気浄化能力。

ハイドロテクトカラーコートECO-EXの空気洗浄力が1000平方メートルあたりポプラ95本分。
外装にハイドロテクトを採用するということは、ポプラの木を植えることに等しい効果をもたらします。
(戸建住宅(150平方メートル)の場合は約15本)

1000平方メートルでポプラ95本分の空気浄化能力。 抗カビ・防藻〜カビや藻を、よせつけない〜

生活空間のいたるところに存在するカビや藻。
外壁塗装面の有機成分などを栄養源にして繁殖し、建物の美観を損なうだけでなく、劣化をもたらします。ハイドロテクトカラーコートは、カビや藻の繁殖を抑制する効果があります。

カビや藻の発生を抑制。

光触媒作用と抗カビ・防藻成分によるハイブリッド効果でカビや藻の繁殖を抑制します。

カビや藻の発生を抑制。 遮熱〜遮熱効果により環境・省エネに貢献〜

地球温暖化対策。これは今や待ったなしの全地球的課題。
ハイドロテクトカラーコートは、赤外線の反射特性を持つ材料の採用により、建物に蓄えられる熱をおさえ、大気への放熱を緩和することで地球温暖化、ヒートアイランド現象の緩和に貢献します。

遮熱効果で大気への熱の放出を抑制

赤外線反射能力を高めることで建物への蓄熱と大気への放熱を緩和します。
地球温暖化防止への小さな貢献です。

赤外線反射率

赤外線反射率ハイドロテクトカラーコートの赤外線反射率を測定
試験板色:400N(濃灰色)
赤外線反射率が高いほど建物表面に蓄えられる熱を抑えることが出来ます。


遮熱性能評試験

資料:国土交通省 地域自然冷房に関する技術開発報告書(2007年3月)
試験方法:実験棟の壁面(東面、西面)にハイドロテクトカラーコートと他社ウレタン塗料、他社遮熱塗料を塗装し、その表面温度を測定。

遮熱性能評試験 更に詳しい情報はこちらのサイトをご覧下さい。