屋根塗装
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装
  • 防水工事
  • 時期と知識
  • 価格について
  • 4つの特殊塗装
  • 施工事例
  • リフォーム事例
  • お問合せ

屋根塗装

劣化した屋根も見事に甦らせます。

屋根はカビ・藻が発生している場合、特に大事な工程は下地処理(高圧洗浄)になります。カビ・藻や汚れをしっかり洗浄することで 塗料が密着する下地になり仕上がりも良くなります。

施工事例

施工事例 施工事例

夏の暑さにお困りの方におすすめ!
2階や3階の室内温度を軽減する。
ナノセラミックと遮熱顔料の効果で、屋根の表面温度が20〜30℃低下し
省エネ効果抜群の屋根塗装です。
遮熱塗装は、アステックペイント・フォルテシモRFなどが人気です。


遮熱の効果(アステック遮熱)

金属瓦 カバー工法 洋・和瓦 漆喰工事
コロニアルの上に施工します。
軽量で建物に負担がかからず耐候性・防水性・
断熱性などに優れています。
瓦屋根は定期的に漆喰の補修が必要になります。

大切な屋根をしっかり守る

費用 自社施工で余計な費用もかからず、大手業者の最大40%OFF

一戸建て(28坪)で、シリコン塗装 16万円〜

屋根塗料の種類

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素樹脂と種類は豊富です。
『私たちが自分の家を塗るなら』アステックペイント・フォルテシモ塗装などで、「遮熱」「断熱」の効果で屋根の表面温度が下がり、建物内部の温度も下がる省エネにつながる塗装が人気です。

工事期間

家(建物)の大きさや形・傷み具合・天気などでも変わってきますが、一般的な住宅で3日くらいが目安です。

対象屋根材

コロニアル、トタン、瓦(一戸建て・アパート・工場)など

保証期間

最高10年間の無料保証(工事完了後、保証書を発行します。)

工事工程

コロニアルの仕上げからタスペーサー使用

屋根塗装の安心ポイント

事前の打ち合わせ

屋根の塗り替えリフォームがはじめての方もご安心下さい。
まず診断のためにハシゴで屋根に上がらせて頂きますが、その時に動画撮影をさせて頂き、割れなどを発見した場合はすぐに降りてその部分をまずお見せしますので安心して頂けると思います。その場合、その場での応急処置も可能です。
その後、もう一度ゆっくりと診断させて頂き、塗装による樹脂の違いや特長、工事の方法などを分かりやすくご説明させて頂きます。
(撮影した動画は、後日お渡し致します。)

ご提案

「御見積書」に使用する屋根塗装の名称を全て記入しています。
コロニアルの場合は“縁切り”作業が必要になり、当社では縁切りの部材『タスペーサー』を使用しておりますが、お客様宅の状況によりご提案させて頂いております。

安心の洗浄〜完成まで

屋根は地上から見えにくい部分ですので、当社の屋根塗装は『洗浄前〜完了』まで、1工程ずつ写真 撮影してお渡ししていますので、手を抜かない工事を写真で確認して頂けます。